機能性塗装

防曇処理加工(フォグクリアコート)とは

フォグクリアコートとは、ウェットプロセスを用いた防曇処理加工であり、様々な形状の樹脂成型品に対して加工できます。防曇性能は、従来の界面活性剤に依存したものとは異なり、高性能吸水ポリマーを用いた新タイプの処理加工です。

製品の特徴
  1. 優れた防曇機能を持つ内面処理専用加工製品です。
  2. 透明性の高いクリア層を形成し、光学特性に優れています。
  3. 吸水性ポリマーにより、安定した防曇効果が持続します。
  4. 耐久性に優れ、光による黄変等の劣化が起きにくく、透明性を長期保持します。
  5. 各種ワーク素材に対し優れた密着性を有します。

処理加工比較

メカニズム

気温差が生じた場合内面に水滴(結露)が生じます。 その際、吸水性ポリマーが水分を吸収して全く曇りは生じません。 更に過酷な環境になった場合、飽和状態となり水分は吸収されなくなります。 この場合、内面の水滴は濡れ広がり水の膜を形成して曇りを抑制します。 防曇メカニズム図

物性データ

防曇性能表、注意書き

自己修復(耐擦傷性塗装)

自己修復塗装(耐擦傷性塗装)

1.特徴
 優れた耐擦傷性
 高弾性樹脂を採用することにより、傷の原因となる外部応力を緩和、反発することで擦り傷がつきにくい設計になっております。

また軽度な凹み傷は自己修復いたします。

         *塗膜が破れた傷は修復いたしません。

自己修復性能比較

2.メカニズム

柔軟性と硬度を併せ持つ高機能樹脂により、擦傷の原因となるような外部応力に対する吸収と反発性があり、バネを内蔵しているかのような構造で経度の凹み傷もある程度自己修復元されます。

ばね

3.塗膜性能

自己修復物性表