アルミ箔カップへのシリコン加工

アルミ箔カップへのシリコン加工

パン・菓子製造の大幅なコストダウンを実現!!
容器内面への貼り付きを解消!!

 

<従来の問題点>
アルミ箔カップを使用し、パン・菓子などを焼くと容器内面への張り付きという不具合があります。 従来はこの問題を解決するために、容器内面に油などを丁寧に十分に塗布しておき離型性を改善することが一般的です。 しかしこのような作業はきわめてわずらわしい上、一度に多数のパンを焼き上げる場合に、その作業に多大な時間を取られるという問題があります。
そこで、「アルミ箔カップへのシリコン加工」を開発いたしました
シリコン加工の<メリット>
  • 離型油の使用量が激減するため材料費削減
  • 離型効果が抜群であるため作業効率アップ
  • 離型油減少で作業環境の向上、清潔化
  • 離型油の使用量が少ないため、商品の味が向上
  • 型抜けが良いため、変形によるアルミ箔カップの耐久性アップ
  • 型抜けが良いため製品の不良率低減
<改善例>
  • お客様の声
  • パンの抜き取り作業員を削減
  • 離型油塗り人員削除
  • カップの使用回数が従来の3倍程度
  • 作業環境が清潔になった
  • 離型油の使用量半減